AGA治療について

AGA治療について

 

最近、よく耳にするAGA治療ですが、男性型脱毛症の治療ということです。

抜け毛

男性ホルモンが脱毛症の要因になっているため、治療にはプロペシアといった男性ホルモンの働きを阻害するような医薬品を服用します。

 

AGAは男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と結びつき、DHTになります。
すると、まだ抜ける段階にない髪にまで誤ったシグナルを出してしまい、髪の生えかわりのサイクルを乱してしまうのです。
結果として抜け毛を増やすことで薄毛になってしまいます。

 

プロペシアは、5αリダクターゼという酵素を阻害して男性ホルモンのDHTの生成を防ぎます。本来は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発された薬なんです。

 

プロペシアの副作用として、男性の2%以下ですが、性欲減退、勃起困難、精液量の減少といった性的な副作用が報告されています。

 

ただ、服用を中止すれば、これらの副作用は止まるということです。
その他、AGA治療によく使用されるものとしては、ミノキシジルがあります。
プロペシアと併用してよく使われています。ミノキシジルも本来は高血圧の薬として開発されたもので、血管を拡張して血液の流れをよくします。

 

毛乳頭の血流よくする他にも、男性ホルモンの変換酵素阻害作用や毛乳頭細胞を刺激して発毛を促進している可能性もあるそうです。

 

 

 

ミノキシジルにも副作用が報告されていて、安全とは言えません。
やはり安全面を考えると副作用のリスクが大きいですね。
Deeper3Dや育毛剤イクオスのような安全なものを使ったほう尾がよさそうですね。